江戸東京野菜 文字サイズを標準にする 文字サイズを大きくする 江戸東京野菜

黄金(こがね)の水(六地蔵の井戸) 大作戦

どうやったら飲めるの?

 「六地蔵」の深井戸の水は、JR中央線武蔵小金井駅南口の小金井市中央商店街協同組合が管理しています。この水を飲むだけなら、「六地蔵」の脇の水くみ場にあるプッシュ式の蛇口を押せば、コップ1杯の水が出てきます。
 煮炊きに使いたい場合は、中央商店街の「菊屋文具店(tel. 042−381−1379)」で登録料500円を払い、専用蛇口の水栓を受け取れば、その後は使い放題となっています。
 そんな手軽さからか、現在は市内外に1,200人を超える登録利用者がいます。 タンクをいくつも抱えてやってくる人もいますが、列ができたときは、ひとりで独占せずに譲りあうことが、ここでのマナーになっています。

黄金の水全景
「六地蔵」の深井戸「黄金の水」の全景。左の専用蛇口の水栓から試飲できます。

 この水は地元の商店も積極的に利用していて、「黄金の水」利用の店が増えています。中央商店街や周辺の飲食店のなかには「黄金の水」使用のペナントを掲げているお店が多く、黄金の水で淹れたコーヒー、ウイスキーの黄金の水割りのほか、パンやゼリーといった新しい商品も生まれています。

ペリーヌ
亀屋ゼリー 地蔵あんぱん

喫茶店のコーヒー、フルーツゼリーやあんパンなど、
小金井市内には「黄金の水」を商品化する飲食店が増えている。

前のページに戻る